monotron改造Tips

ハンダ作業について:
通常のDIP、リード部品の感覚で作業しますとまず失敗します。
熱を与えすぎて壊したり、パッド、配線パタンを痛めてしまったり、間隔が狭いためにハンダブリッジを起こしたりしやすいです。
ハンダコテは電気配線、一般工作用の太いコテ先の物は使えません。微小部品に適したコテ先が用意されている物をお勧めします。
ハンダ関連機器で有名な「HAKKO」のサイトにコテ先の選択ガイドがあり参考になります。

面実装部品の除去方法ですが、今回使用されているサイズのチップコンデンサ、抵抗はコテ先に少しハンダを盛って対象に当てるだけでコテ先に吸い付いて取れます。
この方法はブリッジに注意する必要があります。
使用されているハンダは「鉛フリー」タイプなので「鉛ハンダ」を除去部分に足しておいてから作業すると溶融温度が下がり楽になります。

私はガス式ハンダコテのホットブロー機能を利用しています。
ホットブローを使った外しかた
狭い場所では対象以外に熱が回らないように耐熱テープなどで保護し、取り外し対象のみ熱風が当たるようにします。下の例では金属テープを使用しています。
オーディオボードのADCチップを取り外した例
取り外し準備
取り外し完了
どちらの方法でも熱を与えすぎると周囲の部品、基板にダメージを与えるので注意してください。
改造の前にまずは不要なジャンク基板で練習するのも良いと思います。PC部品、壊れたHDD等・・・
ジャンク基板から外した部品の中に改造に使える部品もあるかもしれませんから、無駄にもならないと思います

除去後、部品を取り付ける場合はまずパッド(基板上の部品との接合部分)をハンダ吸い取り線とアルコール等でキレイにしておきます。
パッドの片側にほんの少量のハンダを乗せます。(使うハンダは0.6mm程度でOKですが、より細い物が有ると楽です。)
このとき加熱しすぎてフラックスを完全に飛ばしてしまわないよう注意します。
部品を乗せてピンセット等で押さえ、ハンダを乗せておいた方のパッドを加熱すると仮固定されますので、反対側をハンダ付けします。
次に仮固定していた方をハンダ付けして完了です。

使う配線材について:
可能な限り細いワイヤを使用してください。太い物ではブリッジやパタンに無理が掛かって剥離の可能性が高くなります。
裏のテストポイントからの引き出しはAWG28〜24程度でOKですが、ICに直接、チップ抵抗、コンデンサから信号を引き出したり入力するにはそれ以下、 AWG32番程度の細い物をお勧めします。

monotron本体について:
本体基板裏にあるテストポイントに「LFO」という端子がありますが、ここへ信号を入れる場合は注意が必要です。
レートツマミが0の状態で信号を入れるとGNDとショートします。
もしここを使う場合はショートしても問題ないよう抵抗を入れて電流制限をするなど対策をする事をおすすめします。




Topページへ戻る   monotronページへ戻る